無職、借金、人生詰んでます(^^)/

無職、借金、ギャンブル好き 昔は風俗にもどっぷりはまってました。 仕事もしてないので、収入なし 毎日督促の郵便物と電話に追われる人気者です。

                                

2019年06月

英気を養うつもりがセンチメンタル

                                
なんだかんだで1週間が始まる。
今日は1週間に向けて英気を養う1日。
完全に引きこもっていたニート時代からあっさり変化した自分に少し驚く。

今日は同居人がチケットを貰ったらしく、一緒に野球を見てきた。
昔と変わっていて驚いた。
ガラガラだったはずの球場にはあふれんばかりの人、人、人

普段は野球は見ないし、最後に見たのは小学生の時だったと思う。
イチローが出てたのは覚えている。
後は正直よくわからない。

けど今日は集中してみていた。
高い席だと言われたので...乞食としてはこのチャンスを逃すわけにはいかない。

結局はビール飲みながら眺める程度だったけどね。

今のピッチャーって150キロバンバン投げるんだね💦
松坂くらいしか知らないぜ!笑

しかも自分よりも年下の選手が増えていた...時の流れを感じる。
そういえば、両チームの監督も小学生の時見てた選手だな...



そしてふと現実に戻るんだ。
たぶん世の中では俺と同世代の年の人がバリバリに働いているんだろうなと
英気を養うつもりが、現実を見てしまって少しテンションが下がった。

同居人はそのまま仕事に行くので早めに切り上げて、地下鉄の駅で解散。
一人になり、自分の将来を心配しながら家路についた。
  
                                

アンガーマネジメント大事

                                
お隣さんに怒鳴られて昨日からイライラしている...
今もこうしてブログで書くことでイライラを発散させている。

事の発端は駐車場の違法駐車

同居人の車とお隣さんの駐車スペースは隣通し。


夜10時前ドアチャイムが鳴って、すぐにドアをノック連打...うるさい
インターホン越しに対応したら、相手はお隣さん
挨拶しかしたことない、その程度の関係。
「お前の連れかしらんが邪魔な所に駐車するな!!」
とウニみたいな形の~、プッチンプリンを連想させる色の~頭を左右に揺らしながら叫んでいた。


向こうの言い分ではかなり長い時間とまってるらしい。
とりあえず「うちには誰にも来てないですよ」と言ってドアを開けて、お隣さんをなだめつつそこから駐車場を見ると、確かに2台の前に車はとまっていた。

てか長い時間ての嘘じゃね?
お前帰ってきたときはとめれたんだろ?
と今は思う。(夜勤ならごめん...まぁこいつ夜勤ではないんだけど)

幸い同居人は普段乗りしていなくて、休みの日に乗るくらい。

再度「うちじゃないんで管理人さんにいったらどうですか?」といって戻ろうとした。


これくらいでは何も怒っちゃいない。

この後。

いきなり肩をつかまれ、
「お前がせれ(やれ)」
と言われた。
昔からこの言葉遣いが嫌いなのもあって、この一言だけでイラっとしてしまった。

「あなたがおやりなさい。はしたないお言葉遣いですわよ。」といった内容の言葉を言った。

むこうは「感情的になってすみませんでした。」と言っていた。
(それ正しい返答なのか?)

まぁいいやと思いつつ、じゃあと言って部屋に帰った。

そして数秒後、「ドカン」と力いっぱいドアを殴られた。

この野郎と思って、部屋を出たらお隣は部屋に帰ってしまったようだ。
しょうもない奴だと思いつつドアを見たら...
ドアを見たらボッコシ凹んでた...何で殴ったんだぜ…

大家さん呼んで事情話したけどお隣さんしらばっくれるのね。
やったやってないの押し問答を長い時間したよ
本当に長い時間

それが昨日の出来事

で朝、ブログに書いている今はイライラは治まりつつある。


それで昨日の出来事を振り返る。
怒るのはやめよう。抑えよう。そう思った。
怒っても得しないしな。うん
今日は暇な時間見てアンガーマネジメントについて調べてみよう。

世の中こらえる場面ばかり、これしきで躓いていては社会じゃ生きていけない。 続きを読む
  
                                

小学生以来の日直

                                
そういえば日直をした。
小学生以来の日直...

小学生の時ほど何もすることがない日直
授業の時の号令と共有のポットに水入れとくぐらい。

マジで何もすることがない。

しょうもなさすぎる。
こんな制度いらんやろと思ってた。

そう思ってた

実際めちゃくちゃ緊張した。


ここ数年は、人の前で話すとか、全体に指示を出すとか、簡単なことでも緊張してしまうようになった。

この癖、治せるんだろうか...

とはいえ、しばらくはこの役は回ってこないだろうし、残りの期間は気楽に過ごせる。


けど冷静に振り返ってみると、人前で話すも何も、人と話すときに緊張しているような...
普段からいろんな人と話してみないとな。
そう思う無職でした。

  
                                

一緒に職業訓練を受けてるポジティブおじさん

                                
久々に記事を書くので、今日は気合を入れて無駄にいろんな機能を使ってみようと思う。


今日の話は職業訓練で一緒に訓練を受けている50代後半のおじさんの話
仮におじさんの名前は『田中さん』としておこう...

私は平日職業訓練を受けている。
朝9時から夕方5時まで。

通行手当が支給されない私は、毎日歩いて通っている。
片道1.5Kmくらいの距離だが最初の頃は無職のダラダラ生活を続けていたからか、通学だけでめちゃくちゃ疲れていた。



最近は天気が悪い日が多々あり、自腹を切って電車で通っている。
ある日駅で声をかけられた。その人が一緒に訓練を受けている田中さん。
この田中さん、授業は真面目に...真剣に受けている。
休み時間はおばちゃん連中の井戸端会議にも参加するし、若い人とも明るく話しかけ、とにかく社交性が高い。

先の見えない就活に悩む若者には、元気づけてくれる。気が利いてて、とても頼りになる人。

だらけてる私は、電車に乗って通うのが楽で、自腹で通学することが増えてきた。
田中さんと最寄り駅が一緒なので、時間が会えば話ながら一緒に通学する。

今日もそんな感じ。



それで田中さんに、「なぜ職業訓練に通おうと思ったのか」聞いてみた。

田中さんは独身で、兄弟はいないそうだ。
数年前に母親の介護で会社を退職、失業保険、母親の年金で生活費を捻出していたそうだ。
失業保険が切れると、貯金を切り崩して生活していたそう。
そして今年母親が亡くなったそうだ。

明るい人にも暗い過去はあるもんだね。

再就職をするべく就活をしていたそうだが、いい結果はもらえなかったそうだ。
そこで冷静に自分の性格や能力を分析して、長年働いていた建築関係の管理か事務の仕事に就職しようと考えたらしい。
しかし昔就活していた時とは状況が変わっていて、事務のスキル(書類作成など)が必要になっていたらしい。
そこで職業訓練を受けることを決めたんだってさ。

田中さんは嬉々として話し続ける。
一語一句合ってるかはあやふやだが再現するとこんな内容
「今の若い子はしっかりしてるね。自分を悲観せずに堂々とするべきだよ」
「じつは年寄り連中は若い子に負けないように必死で勉強してるんだよ。昨日家で復習したんだよね。今日は速くなってると思うんだ!」

とにかく明るい…
ちなみに私は朝、テンションが低く、周りから見たら相当面白い光景だったと思う。

ちなみに田中さんの目標は
【即戦力として社会復帰】【身に付けた知識を次働くところで活かしたい。教えてあげたい。】
だそうだ。


今日も飴ちゃんを配りながらみんなと和気あいあい話して、授業は真剣に受け、分からないことはそのままにせず先生や周りの人に聞いていた。
マジで人として格が違うと感じさせられた。

俺は今から仕事について、自分を社会で自立させても、こんな人にはなれないんじゃないかと思う。
けどこの人みたいになれたら人生楽しいだろうなぁ
そう思うそんなクズな無職の一日でした。

結局何が言いたいのかわからない内容になったけど、
「続ける習慣」をつけようと思って始めたブログ
「何があっても続ける!」と決めたのでちゃんとブログ書かなきゃと
そう思って書いただけです。
  
                                

久しぶりに病院に行きました。

                                
昨日は処方薬が切れたので病院に行きました。
結論から言うと…もう薬を処方しなくてもよいとのこと。

かれこれ2年以上薬を飲み、途中副作用に悩まされ、など長々続いた闘病生活です。
病は完全に治ったわけではありませんが、薬の処方は終了。

これからは定期的に通院してカウンセリングなどで対応するとのこと

本当にうれしくて、帰りの電車の中ではニヤニヤしていたと思う。

今まで心の病は病院には通っていたが、毎度行く元気がなくなり、いつのまにか通わないようになっていたから(笑)

本当にうれしい。
今日は同居人にこのことを伝えたい。

もう前の気持ちには戻りたくない。
最底辺から少しずつのし上がっている。
もうこれ以上は悩みは減らしたい。
  
                                
【スポンサードリンク】
プロフィール

プチロー(daradarai...

【スポンサードリンク】