今日は晩御飯を同居人と外で食べた。
そのまま同居人を店の近くまで送り届けた。

そして帰りに繁華街を歩いていくと、水商売のスカウトに声をかけられた。

かなり久々だった。
20代後半になって初めて声をかけられた気がする。

後ろから、
「お兄さん夜の仕事興味ないですか??」
そんな感じで声をかけられた。

振り返ると
(あっ、年いってる...)
みたいな反応だったのは悲しかった。(私の思い込みだと信じたい)

確かに髪型はウルフカットベース、昔流行ったようなジャケットコーデではある。
でも君、スカウトならもう少し考えようや
今時ホストする子ならこんな格好してないと思うぞ。

でもよっぽど人を呼べないのかめげずに話しかけてくる。
ちょうどコンビニの近くだったので、一緒に一服しながらしばらく話を楽しんだ。
昔(10年ほど前)の繁華街の話、系列店舗の名前の移り変わり、スカウトのバックがいくらだの
最近クラブができたんすよ~とか

久々に人と話した気がする。
昨今ホストの客単価は下がっているらしい。
というか価格が安い店が増えたんだと。

時代時代で変化していくんだろうねぇ。
帰りに名刺をもらったがこれには縁を感じなかった。

改めて日の目を浴びるような仕事をしたいと思った。
ちなみに天皇陛下即位の日はずっと寝ててハロワが開いているのか確認はしなかった。